こんにちは。

アリヨンスのマリッジコーディネーター みかちょうちょですおねがい

 

最近、アリヨンスでは少し悲しい出来事がありました。

30代男性会員Tさんが、大本命の女性と交際終了となってしまい、めっきり落ち込んでしまったのです。

自然な恋愛でもそうですが、失恋はかなりのダメージを受けるものです。

特にこのTさん、交際終了となってからというもの、食事ものどを通らず、睡眠もろくに取れないようですあせるあせる

 

心配のあまり、今月は少し早めに面談の時間を取ることにしたのですが・・・

待ち合わせ場所のカフェに現れたTさんは、今までとはまるで別人のようになって、いつものような笑顔も全くありません。

人はこんなにも変わるものなのだろうか?と思うばかりに雰囲気が激変していました。

 

それまでもLINEで、終わってしまった彼女への想いを語り、後悔を繰り返す彼。

なんとかしてあげたいと、お相手相談所に連絡を入れてみたのですが・・・

彼女の本心をつぶさに知ることとなり、やっぱり元に戻るのは難しいという判断に至りました。

お相手仲人さんは、彼女のデート報告の内容をそのままお伝え下さり、その中には彼女の字で、そのままの本心が語られていたのです。

(通常の恋愛では、お相手の言葉に出さない本音を知ることは難しいですよね?

それが聞けるのも、仲人型相談所のメリットかもしれませんねウインク

 

私がお相手相談所に連絡を入れたのには訳があります。

私もTさんも、今回の交際終了の理由については薄々感じ取っていました。

しかし、それをはっきりと知ることでTさんの成長の糧となり、結果次の恋愛へ活かすことが出来ると思ったからです。

 

結果、Tさんはこの失恋を上手く消化し、次の出会いへと向かうかと思いきや、逆に更に彼女に対する想いを深めてしまったようでした。

失恋の痛手は、良く女性の言葉で語られますが、実は男性の方が遙かに引きずりやすいものなのです。

離婚をした夫婦でも、奥さんはすぐに別れを吹っ切り、新たな生活へと舵をきるのに、夫はいつまでも分かれた妻への想いを断ち切れない、ということが良くあります。

女性の方が遙かに精神的に強く、立ち直りが早いのです。

これは心理学的にも実証されている事です。

 

しかし、深く落ち込んでいたTさんも、面談が終わる頃には、暗かった表情も和らぎ、少し笑顔を見せてくれるようになりました。

なかなか決まらなかった次のお見合いが、決まったことも功を奏したようです照れ

そして、その後すぐに彼からこのようなLINEが届きました。

 

先ほどはお疲れ様でした。

 

○○さんの件は「やっぱりな」って思いました。

自分でも分かってるんです。

思ってた事というか、分かってた事、ほぼ同じような事を言われたというか・・・

—中略—-

けど、自分でも分かってる事とかでも第三者(他人)から言われると、なんていうか・・・ゆっくり体に染み込んでいくっていうのかな・・・

 

出会いがないからってのもあるけど、第三者(他人)からの意見が欲しくて結婚相談所に入ったのかもしれません

 

少しスッキリしたというか、前向きな気持ちになったというか

—-中略—-

今日は有難うございましたにやり

 

結婚相談所に入る理由は、もちろん人それぞれでしょう。

私の存在が会員さん達の役に少しでも立てたということでれば、それはそれで良し、としましょうか・・・

 

皆さんはどんな理由で結婚相談所に入りますか?