条件のミスマッチ

こんにちは。

幸せな結婚をプロデュースする立川の結婚相談所、アリヨンス立川の古市ですおねがい

 

夏休みも明けたせいか、アリヨンスでは只今会員さんの活動がとても活発になっています。

今まであまりお見合いの申し込みをせず、頭を悩ませていた会員さんからも、きょうは沢山のお申込みが入っていました。

嬉しいドキドキラブドキドキ

やっぱり、こうこなくっちゃですねチュー

 

あとは無事、お相手がOKボタンを押してくれればいいのですが・・・

そういつもいつも上手く行かないのが婚活というもの。

会員さんが申し込みをしたお相手会員さんを見て思う事ですが、申し込みをした会員さんとお相手の会員さんの間には、埋められない溝のようなものが横たわっています。

そして、これがなかなか埋められない溝なのですキョロキョロ

 

例えば、とある男性会員さん(50代)が求めている女性は、

「やっぱり子供は欲しいからできるなら30代の女性がいい。

自分は長男だから自分の親との同居が必須。」

そんなわけで、彼が申し込むのは30代、それもそこそこ綺麗な方ばかりびっくり

当然申し込む人申し込む人、玉砕です汗汗

 

それというのも、30代の女性が一般的に求める男性は

「自分もそれなりの歳になってしまったから、あんまり年上は避けたい。

だって子供を産んだとしても、子供が20歳になる前に定年を迎えてしまうから。

お姑さんとの関係は憂鬱、できるなら別居がいい。」

とこんな感じえー

 

全くかみ合っていませんよね真顔

でも、こんなケースはとても多い事例です。

 

そんな時私はこのように言います。

「そうなんですね、お気持ちはよく分かりましたビックリマーク

でも、例えば○○さんがご自分よりも10歳以上も年上の女性から申し込みをされたらどう思われますかはてなマーク

 

そう、ご想像の通り、大概の方は口をつぐんでしまいますニヤニヤ

こういう場合は、自分を相手の立場に例えて説明するのが一番心に刺さるんです!!

 

また、これは結婚相談所の会員さんに限ったことではないかも知れません。

婚活が上手く行かない方は、まずは第3者の目で、ご自身のお相手探しのレーダーが間違っていないか、確認されることをお勧めします。

 

アリヨンスでは、随時無料恋愛相談も受け付けております。

お気軽にお問合せ下さいドキドキドキドキドキドキ