こんにちは。

アリヨンスのマリッジコーディネーター みかちょうちょですおねがい

 

今月、アリヨンスでは無事、真剣交際に進めた会員さんがいますドキドキ

Tさん、おめでとうビックリマークビックリマーク

 

Tさんは夏に成婚退会されたNさんのご紹介で入ってきた、アラフィフ女性会員さんです。

彼女と初めて面談をしたのは5月のお話でしたが、諸事情ありまして入会されたのは8月中旬の事です。

 

Tさんの希望は、なるべ早く成婚をしたい、お相手は

「優しくて、私に興味を持ち、愛してくれる人(結婚するのでしたら、誰でも当たり前に望む事ですよね爆  笑あせる)でいいです。」

との事でしたが、実際には他にも条件がありました。

離婚を経験されて金銭面でとても苦労された経験を持っていて、結婚するのなら経済力がある人、口には出しませんでしたが、それは彼女が申し込む男性を見れば一目瞭然でした。

 

Tさんは海外在住の経験があり、英語が堪能でした。

(Nさんはイタリア語が堪能でした。この辺りは似てるかなはてなマークあせる

そのせいか、彼女のプロフィールの内容のせいか、彼女には高学歴、高年収からのお申し込みが多くきましたので、その辺りはとても満足してくれました。

 

その中でも彼女のハートを射止めたのは、やっぱり海外赴任経験のある元エリート会社員でした。

元、というのは若くしてを重い病気を患い、出世コースを外れてしまった経験を持っている男性だったからです。

しかし、元エリートとはいえ大手企業にお勤めですから、今でも年収はかなりのものです照れ

そしてまた、お互いに離婚を経験され、心に傷を持っている同志ということもあり、2人はあっという間に仲良くなっていきました。

 

そこまでは良かったのですが・・・

この調子であっという間に真剣交際に進むかと思いきや、お相手男性がなかなか真剣交際の申し込みを彼女にしてくれないという事態に陥りましたあせるあせる

諸事情で早くに結婚を決めた結果、離婚をした経験が彼の意思を硬くしていたのです。

 

これは結婚相談所ではよくあるパターンでもあります。

女性は準備万端でプロポーズを待ち望んでいるのに、男性がなかなか心を決めてくれない。

結婚は男性に大きな責任を与えるので、それを恐れてしまうのです。(草食系男子が増えてますからね笑い泣き

 

もともと気が強いTさん、業を煮やしてお相手男性に気持ちをぶつけてしまい、ケンカに発展してしまうこともしばしばあせるあせる

そのたびにハラハラドキドキの私、お相手相談所の仲人さんと相談することも度々でした。

時には、

「これでもう終わりかと思います。ガーン

みたいな感じで膨大な量のLINEが彼女から届いたこともありましたガーン

 

しかし、もともと勘の働く私、初めて彼のプロフィール写真を見た時から、この人と上手くいくような気がする、という予感がしていたのです。

Tさんからお相手男性の話を聞けば聞くほど2人は似た者同時、それこそツインソウルのように感じます。

お相手仲人さんから、何度も

「Sはまだ、Tさんに決めたわけではありません。他にも交際中の女性がおりまして・・・」

なんて言葉を聞いても、

(どう考えても本命はうちのTさんだろうグラサン

という不思議な自信がありました。

 

結果、こうなった訳で、最近の彼女からのLINEはお相手Sさんとのノロケがほとんどになりました。

人一倍カマチョのTさん、聞いて欲しくてたまらないのです照れ

Tさんが言うには、

「Sさんの事ですから、結婚相談所での交際期限6か月を丸々使う気なのでしょうが、もう気持ちにブレや不安はなくなりました。

Sさんからのプロポーズをゆっくり待つことにしますラブラブ

との事。

「今のままでも充分幸せですし、ゴールが同じなら焦ることもないかな、と思ってニコニコ

 

そうですね。

Tさん、アリヨンスでの活動もあと少し、頑張りましょうねビックリマークビックリマーク